水道水が体に悪い理由は残留塩素だった?ウォーターサーバーならお水の心配は無用。

takuhai-mizu_54

水道水は体に悪い影響を及ぼす」そんな言葉がなんとなく心に刺さって怖いという方も少なくないのではないでしょうか。

水道水の危険性には、明確な理由が2つあります。

一つ目は残留塩素の問題、二つ目は塩素処理では取り除けない物質の問題です。

  1. 残留塩素が身体に及ぼすアトピー性皮膚炎・おいしくない・臭いという問題
  2. 塩素処理では取り除けない発がん性物質・放射性物質の問題

残留塩素と、残留塩素では取り除けない物質の危険性に焦点を当てて話を見ていきましょう。

残留塩素とは

「水道水が体に悪い、不味い、臭い」と言われる原因には、残留塩素が水分中に含まれていることが問題点としてあります。

残留塩素とは、私たちが利用する水道水の安全性を守るために残された殺菌・消毒用の塩素を指します。

残留塩素は性質によって2種類(「遊離残留塩素」と「結合残留塩素」)に分類され、水道水が家庭に給水される時点で、0.1mg/Lの以上の遊離残留塩素(もしくは0.4mg/L以上の結合残留塩素)が水分中に含まれている必要が水道法によって定められています。

残留塩素が水道水に含まれていることが原因で「水道水がおいしくない・臭い」とはいえ、塩素殺菌がなければ本来は汚染された水道水を飲む事はできません

また、日本の上水道と下水道の優れた浄水処理があることも、日本が世界でも数少ない「水道水を飲む事が出来る国」として存在している理由の一つとなっています。

なぜ塩素で殺菌されるのか

そもそも、水道水の殺菌にはなぜ塩素殺菌が好まれるのでしょうか。

それには、3つの原因があります。

  1. 殺菌効果が非常に高く、大量の水に対しても安価で殺菌処理が可能になる
  2. 消毒効果は蛇口通過後も確実に残るため安全性が高い
  3. 残留塩素濃度の測定は簡単で、維持管理がしやすい

つまり、塩素殺菌は非常に「コストパフォーマンスが良い殺菌方法」という訳です。

しかし、その反面で実際に残留塩素によるアトピー性皮膚炎患者が生まれたり、発がん性物質を誘発してしまうという悪い結果も導いています。

それでは、遊離残留塩素結合残留塩素がそれぞれどのような過程で水分中に残留されていくのか見ていきましょう。

遊離残留塩素と結合残留塩素

残留塩素の元である「塩素ガス」は、水中に溶けると、「次亜塩素酸」と「塩酸」が発生し、さらに次亜塩素酸の一部は「次亜塩素酸イオン」と「水素イオン」に解離します。

「次亜塩素酸」と「次亜塩素酸イオン」こそが、残留塩素の一つである「遊離残留塩素」と呼ばれるもので、強い酸化力を持ち、微生物やウィルスの病原性物の細胞膜や細胞壁を破壊し、タンパク質や核酸を変性させる事で殺菌または消毒効果を発揮します。

また、「遊離残留塩素」は殺菌作用を持つと共に、水に含まれている「アンモニア」と「アンモニアの化合物」と化学反応を起こしてクロラミンとなりますが、クロラミンの一種である「モノクロラミン」と「ジクロラミン」を総称して「結合残留塩素」と呼んでいます。

結合残留塩素は、遊離残留塩素と比べれば数分の一程度ではありますが殺菌・消毒効果を持っています。

また、クロラミンの一種である「トリクロラミン」も結合残留塩素の一種ですが、トリクロラミンは水道水が臭う(いわゆる「カルキ臭い」)一番の原因となっています。

結合塩素処理と不連続点塩素処理

上記の遊離残留塩素結合残留塩素の二つの残留塩素によって水道水を殺菌する方法を、「結合塩素処理」と呼びます。

しかし、結合残留塩素は、「一定量の遊離残留塩素と反応して消失する」という性質を持っています。

したがって、「遊離残留塩素」が「水中の全てのアンモニア・アンモニア化合物」と反応して「結合残留塩素」が発生し、「結合残留塩素」が「全ての遊離残留塩素」と反応して殺菌消毒作用を持つ物質が一切消失してしまう「均衡点」が存在します。

その均衡点は、「不連続点」と呼ばれています。

しかし、結合残留塩素が全て消失した状態でさらに塩素ガスを水分中に含ませる事によって、均衡点である「不連続点」を越え、遊離残留塩素のみを水分中に残すことで殺菌をすることも可能です。

この不連続点を超えた殺菌・消毒方法を、「不連続点塩素処理」と呼びます。

水源がさほど汚れていなければ、遊離残留塩素と結合残留塩素の両方を利用した殺菌がコスト的にも、水分中に含まれる塩素の量という観点からも結合塩素処理が望ましいと言えます。

しかし、水源の汚染が著しく進行している地域では、塩素ガスの使用量を増加させる必要があるため、「不連続点塩素処理」による殺菌が不可欠となる可能性もあります。

残留塩素濃度に関して注目されるのは、結合残留塩素ではなく「遊離残留塩素」の方です。

遊離残留塩素は0.1mg/L以上が蛇口地点で水分に含まれている必要がありますが、その上限は1mg/L程度と言われています。

0.1mg/L程度の残留塩素濃度では人体に影響はないと言われていますが、関東などの環境汚染が進んでいる地域では、残留塩素濃度の平均値は0.1mg/Lなどという易しい濃度ではなく、平均値は「0.6mg/L」以上はざらであり、地域によっては「0.8mg/L」の市区町村も存在しているのが現状です。

発がん性物質と放射性物質

残留塩素によって原水に含まれる病原菌や細菌を消毒・殺菌できたとしても、浄水場や残留塩素だけでは殺菌しきれない物質も存在します。

発がん性物質である「トリハロメタン」、放射性物質のセシウムなどがその例です。

浄水処理や殺菌処理がどれだけ発展しても、原水は下水処理や浄水場による殺菌を経た水ですから、汚染物質・不純物の処理には限界はあります。

フミン質とトリハロメタン

発がん性物質であるトリハロメタンは、殺菌処理の限界を示す良い例と言えるでしょう。

塩素は、原水中のフミン質と呼ばれるバクテリア等の腐敗によって生じた有機化合物群と反応して、トリハロメタンと呼ばれる発がん性物質を生じさせる可能性があります。

これらは、そもそもの殺菌・消毒処理の方法を変える(逆浸透膜を利用する)ことや、原水(水源や採水地)を汚染されていない特定の地下水などに変更する以外に、防ぐことはできません。

水道水の問題点

上記で見てきたように、水道水には

  1. 残留塩素の問題
  2. 塩素処理では取り除けない物質

の問題があります。

それぞれが引き起こす具体的な症状としては、

残留塩素:
  • アトピー性皮膚炎の原因となっている可能性がある
  • 水道水に不快な味・カルキ臭を感じる
  • 野菜などに含まれるビタミン物質の破壊
塩素処理では取り除けない物質:
  • 発がん性物質「トリハロメタン」を体内に摂取してしまう危険性がある
  • 放射性物質「セシウム」を体内に摂取してしまう危険性がある

などが挙げられます。

浄水器とウォーターサーバー

2008年度に内閣府が行った世論調査では、「水道水をそのまま飲んでいる」と回答した人は全体の37.5%でした。

また、2011年の浄水器の普及率は、浄水器協会によれば全国の家庭の40%にまで及んでいるという調査結果もあります。

しかし、妊婦の方、小さな赤ちゃんや子供の飲み水である「水道水」に対して不安があるのであれば、浄水器よりもウォーターサーバーの水宅配を利用する事をおすすめします。

浄水器は、水道水の蛇口につけるだけで簡単に残留塩素問題が解決するということで流行しましたが、残留塩素を実際に取り除く事が出来る逆浸透膜の浄水器を素人目で選ぶ事は非常似難しく、また効果のあるものは5万円・10万円、それ以上の価格になるため、ギャンブル性が非常に高いです。

また、浄水器は膜やフィルターを通して水の不純物を取り除きますが、その手入れを怠れば、常に不純物を通過した水道水を利用する事になりますから、危険を伴います。

ウォーターサーバーの天然水宅配

水道水が体に与える影響が不安な方には、ウォーターサーバーの天然水宅配がおすすめです。

天然水の原水は、水道水と異なり安全性が国によって認められている「特定の地下水」であり、産業排水や生活排水による水源地の汚染を心配する必要がありません

また、浄水器のようにフィルターのメンテナンスを毎日気に病む必要もありませんし、温水・冷水をいつでも使用する事が可能で、毎日使用する量だけ水を購入する事も可能です。

水道水への不安から、毎日薬局やスーパーから2Lのペットボトルを購入している方も、ウォーターサーバーの水宅配を利用すれば全国送料無料で天然水を宅配してくれるので、女性やお年寄りの方にもとても便利であると評判が高いです。

水道水が不安な方にだけでなく、糖尿病や味覚障害などの生活習慣病に悩んでいる高齢者の方にも、バナジウムや亜鉛などのミネラル豊富な天然水をぜひおすすめしますよ。





TOPへ戻る