たったそれだけ?ウォーターサーバーの手入れとメンテナンス方法

takuhai-mizu_29

ウォーターサーバーの手入れやメンテナンスって面倒くさそう…そんな風に感じている方も少なくないのではないでしょうか。

「メンテナンスフリー」「メンテナンス無料」「○年ごとにサーバー交換」を謳っている会社でも、毎日のウォーターサーバーの手入れはあなたが行うものです。

かといって、毎日掃除する必要はありませんし、掃除する箇所も決まっていますから、あまり構える必要もありません。

ボトルを使い果たして交換する時に、掃除も一緒にサッとやってしまうのがコツです。

ウォーターサーバーのデザインや仕組みは各業者で異なりますが、基本的な手入れやメンテナンス

  1. 水のボトル(パック)の差し込み口周辺
  2. 蛇口と受け皿
  3. サーバー全体

という3点を掃除すればOKです。

それでは、それぞれの掃除の仕方を簡単に見ていきましょう。

ボトルの差し込み口

水のボトル(パック)がサーバーに差し込まれる部分をウォーターガードと呼ぶ事がありますが、この付近の手入れは水を交換するときにのみ掃除ができますので、水を飲み切った際に掃除します。

ボトル交換時に、ボトルの差し込み口周辺を良く見ると、水滴がついている事がありますので、きれいな布、タオルで一度水滴を拭き取りましょう。

水滴を拭き取った後は、市販のアルコール系衛生材をスプレーで吹き付けてから布でさっと拭き取るか、アルコール除菌剤をタオルにしみ込ませて差し込み口周辺をざっと拭きましょう。

差し込み口である突起部は、ボトル内の水と直接触れ合う部分となりますので、素手で触る事はないようにしましょう。

蛇口と受け皿

水が出てくる場所(蛇口)は、常に湿っていて空気中の塵や埃が付着しやすい状態になっています。

また、受け皿やコップから以外に水滴が跳ねて、コックが予想以上に汚れているときもあるでしょう。

といっても、あまり神経質になる必要もありませんから、ボトル交換時に気付いたら掃除する位の気持ちで良いでしょう。

ウォーターサーバーが自宅に届いた時に付属でついているブラシと市販のアルコール除菌剤を利用し、汚れを落としましょう。

温水のコックを清掃する際には、誤って温水を出して火傷しないように気をつけましょう。

受け皿は、取り外しが可能であれば取り外し、スポンジに台所用の中性洗剤を利用して汚れを落とし、水気を拭き取ってからまた装着しましょう。

受け皿が取り外せない場合は、清潔な布巾やタオルに中性洗剤を浸けて直接拭き取るようにして汚れを取りましょう。

サーバー

ウォーターガードとコック、受け皿が清掃できれば、あとはサーバー全体をみて汚れが気になる時にサーバーをの汚れを拭き取ればOKです。

例えば、サーバーの外面部が気になったときは、まず乾いた布で乾拭きをして汚れを取ります。

乾拭きだけではとれない汚れには、濡れたスポンジまたは布に台所用の中性洗剤を含ませて汚れを落としてから、再び乾拭きして水気をとるようにします。

磨き粉やベンジンを利用したり、水洗いはしないようにくれぐれも気をつけてくださいね。

コンデンサー(背面部)

コンデンサーとは、ウォーターサーバーの背面部を指します。

ウォーターサーバーの背面部には、サーバーが発する熱を逃がすようファンのような機能がついており、埃が溜まっている場合があります。

サーバーの背面部が「埃が溜まっているな」「なんだか黒くなってきた」と言う時には、まず「電源を落としてプラグを抜いてから」埃を掃除機で掃除するようにしてください。

電気プラグ

電気プラグも、ウォーターサーバーを設置する位置関係上埃が溜まりやすくなっている時があります。

埃が溜まっているときには、乾いた布で乾拭きで埃をとるようにしましょう。

メンテナンス無料のウォーターサーバーがおすすめ

どの会社の、どのデザインのウォーターサーバーを契約したとしても、ボトルの差し込み口の清掃程度はせざるを得ないのが現状でしょう。

メンテナンス料は無料のウォーターサーバーを選ぶのが断然おすすめです。>メンテナンス料無料のウォーターサーバーを比較





TOPへ戻る