ウォーターサーバーの亜鉛含有の天然水で美肌効果と味覚障害防止

takuhai-mizu_79

体内で摂取する事が出来ないミネラル(無機物)の一つである亜鉛は、天然水から補助的に摂取する事が出来ます。

亜鉛は美肌・美容効果に良いと言われたり、味覚障害による塩分の取り過ぎを防いでくれる機能があると言われています。

その理由を含め、天然水から摂取できる亜鉛の効用について、説明していきます。

亜鉛で美肌になるのはなぜか

食生活が乱れると、お肌が荒れる事はありますよね。

亜鉛の摂取量が肌荒れに密接な関係を持っていると訳ではありませんが、亜鉛が肌の荒れに関係している事は確かです。

というのも、亜鉛は体内でタンパク質の合成を助け、皮膚細胞や組織の再生(細胞分裂)を促すミネラル分の一部として効果を発揮するためです。

また、亜鉛とビタミンC(主に緑黄色野菜や果物、梅、酢など)を同時に摂取する事で、メラニンの代謝など新陳代謝を向上させるほか、コラーゲンの生成の手助けもしてくれるために、結果的に肌荒れ・シミ・そばかすを防ぐ効果はもちろん、ニキビ・皮膚炎を治してくれるという効果も期待できます。

また、酸素欠乏症や老化の原因でもある活性炭素の発生を防ぐ効果もありますので、アンチエイジング(老化防止)の効果も見込めます。

味覚障害が亜鉛で防げるのはなぜか

味覚障害によって、「最近の味付けが濃くなったと言われる」「激辛料理やスイーツなど極端な味がする食べ物ばかり食べるようになった」「タバコを吸う頻度が上がった」などの症状が見られる事があります。

味覚障害に関しても、美肌・美容と同様に亜鉛の摂取量が間接的に関わっている事があります。

前述の美肌効果と同様に、亜鉛は体内のタンパク質の合成に不可欠な存在です。

私たちの味覚は、簡単に言ってしまえば舌にある「味蕾(みらい)」と呼ばれる味細胞によって「甘い、しょっぱい、辛い、酸っぱい」を感じ取ります。

味蕾も、新陳代謝を繰り返して細胞が度々生まれ変わりますが、味蕾の細胞分裂は他の細胞よりもとりわけ早く、短いスパンで生まれ変わります。

その際に、ミネラル分の一部である亜鉛が不足していると体内でタンパク質の合成が間に合わず、味蕾の味を感じ取る機能が損なわれます。

結果的に、正しい味覚によって味を感じ取る事が出来なくなります。

亜鉛が不足しているサイン

ある日突然、「自分には亜鉛が足りていないんだ!」と気付くことは出来ないかも知れませんが、亜鉛が不足しているときにでる身体の症状としては、

  • 味付けが濃くなったと最近家族から言われた
  • 肌荒れ、シミ、そばかす、ニキビなどが以前よりも増えた
  • ソースやマヨネーズなどの調味料を使う頻度・量が以前よりも増えた
  • 少し鬱気味な日が増えた
  • 爪に白い斑点がある
  • 抜け毛が増えた

上記のようなものが挙げられます。

「味付けが濃くなったと言われる」というのは、主にお母さんの悩みとして良く言われますが、抜け毛が増えたと言った悩みや、男性の精子の数の減少なども亜鉛不足が引き起こす現象と言われています。

味覚障害が引き起こす病気

ご飯がおいしくない…で味覚障害が済めば良い(とは言っても、ご飯がおいしくないのは問題ですよね。)ですが、正しく味を感じる事ができないというのは、常に身体に麻酔がかかっているような状態ですから、大変危険です。

先ほどにも挙げたように、「味付けが濃くなったと言われる」というのは危険信号の一つです。

味覚障害が引き起こす代表的な例としては、「高血圧」「腎臓疾患」「心疾患」のリスクが高まることが挙げられます。

しかし、一概に亜鉛が不足していると言う事は難しいかも知れません。

生活リズムが乱れている人や、インスタント食品の食事、ファーストフードの食事が多くなった人は、そちらの改善を優先的に取り組みましょう。

一日の亜鉛の摂取量

亜鉛は一日にどの程度摂取すれば良いのでしょうか。

成人男性で一日12mg、14歳未満であれば7mgを一日に摂取すれば良いと言われています。

また、平成21年度の国民健康・栄養調査によれば、成人の一日の平均摂取量は8mg、1-6歳は5.3mg、7-14歳は8.5mgとなっています。

つまり、成人の方は平均して4mg、1-6歳の赤ちゃんや小さな子供は2mg程度不足しているということになりますね。

亜鉛を天然水で補う

人間は一日に2L-3Lの水分を摂取する事が理想的と言われています。

しかし、私たちは一日に2Lや3Lも一日に水を飲むでしょうか。私の場合は飲みませんし、飲めないと思います。

毎日3Lも水は飲みませんが、私は毎日健康です。
理由は簡単で、私たちは米や食パン、みそ汁といった「食事」から水分を1L-1.5L程度は摂取しているからです。

亜鉛も同じで、12mgもの亜鉛を天然水から摂取する必要はなく、飽くまで不足した2mgを天然水や食べ物から摂取すれば良いのです。

例として、フレシャスの富士の天然水を挙げれば、1Lあたり0.2mg程度の亜鉛がとれます。

他にも、バナジウムやナトリウムなど、体内で生成できないミネラルを複数摂取できるので、私たちの健康を補助的にサポートしてくれるのが天然水の栄養分と言う事が出来ます。

亜鉛が含まれる食べ物

亜鉛を豊富に含む食べ物として有名な食べ物には、牡蠣などの貝類、アーモンドなどのナッツ類、レーバー、チーズなどが挙げられます。

またこれらの食べ物を毎日欠かさず食べる、ということは難しいかも知れません。

食生活を見直すと同時に、毎日飲む水でミネラル分を補うという意味で、天然水の宅配を利用する事は家族の健康を見直す点でとてもおすすめですよ。





TOPへ戻る