ウォーターサーバーの天然水とRO水の1Lあたりの値段(価格)を比較

天然水とRO水の1Lあたりの値段(価格)を比較

天然水とRO水それぞれで水の値段を比較しています。

おすすめは、特定の地下水を原水として天然ミネラルを含む天然水ですが、天然水とRO水の値段を平均して比較すると、RO水の方が1Lあたり55円程度安くなります。

大家族やオフィスなど、大量に水を使用することが見込まれる環境では、一年間のランニングコストの比較を行った上で水の種類を決定するのがおすすめです。

また、RO水・天然水それぞれで小さいサイズのボトルが販売されていることがあります(12Lボトルと8Lボトルなど)。

小さめのボトルは大きいボトルよりも価格は割高になりますが、一人暮らしの女性や、夫が単身赴任の方、高齢者の方、子供でも簡単に設置が出来る設計になっていますので、使用量やライフスタイルによっては小さいサイズのボトルの方が使いやすい場合もありますので、是非検討してみてください。

  1. >天然水の値段を比較
  2. >女性や高齢者でも天然水の交換が簡単な小さなボトルで値段を比較
  3. >RO水の値段を比較
  4. >女性や高齢者でもRO水の交換が簡単な小さなボトルで値段を比較

天然水の値段を比較

ウォーターサーバー業者:ボトル(L) 1Lの値段
クリティア:12Lボトル
(バナジウム天然水)
149円
コスモウォーター(古都の天然水):12Lボトル 154円
BLUEウォーター(古都の天然水):12Lボトル 154円
コスモウォーター(富士の響き):12Lボトル
(バナジウム天然水)
158円
BLUEウォーター(富士の響き):12Lボトル
(バナジウム天然水)
158円
コスモウォーター(金城の華):12Lボトル 158円
BLUEウォーター(金城の華):12Lボトル 158円
コスモウォーター(日田の誉):12Lボトル 166円
BLUEウォーター(日田の誉):12Lボトル 166円

天然水でもっとも水の価格が安いのは、クリティアのバナジウム天然水で1Lあたり149円です。

クリティアのバナジウム天然水のバナジウム含有量は91μgとなっており、他のバナジウム天然水と比較すると平均程度のバナジウム含有量となっています。

コスモウォーターとBLUEウォーターの天然水は名前が同じですが、「富士の響き」と「金城の華」の成分(バナジウムなどのミネラルや硬度)は若干異なりますので、お好みの成分が多く含まれている天然水を選びましょう。

女性や高齢者でも天然水の交換が簡単な小さなボトルで値段を比較

ウォーターサーバー業者:ボトル(L) 1Lの値段
フレシャス:7Lパック
(バナジウム天然水)
157円
クリティア:6Lボトル158
(バナジウム天然水)
158円
フレシャス:4.5Lパック
(バナジウム天然水)
189円
アクアクララ:8Lボトル
(バナジウム天然水)
210円
クリティア:10Lボトル
(サーバー不要・バナジウム天然水)
150円

女性でも簡単に水をセット出来るのが小さいボトルの特徴です。

おすすめは、フレシャスのバナジウム天然水となっています。

1Lあたりの天然水の値段は157円、7Lパックですので、簡単にサーバーに水を設置することが可能です。

水の容器にはワンウェイ方式のパックを利用していますから、使用後も置き場所やスペースに困らず捨てることができます。

サーバーはおしゃれなデザインが多く、光センサー付きのエコモードが付いていますので、通常のウォーターサーバーの場合毎月1000円程度かかる電気代も、フレシャスなら700円程度で利用可能です。

フレシャスの4.5Lパックは、フレシャスの「carrio」という冷水専用のサーバーでのみ使用することが可能です。

4.5Lパックの場合は天然水の価格が1Lあたり189円と少々割高になりますが、冷水のみの電気代で利用できる(300円程度/月)ため、利用量が少ないライトユーザーにはおすすめです。

「carrio」は非常にコンパクトな設計になっているので、電源さえあれば寝室や勉強机に置いたりといろいろな場所で使い回すことも可能です。

RO水の値段を比較

ウォーターサーバー業者:ボトル(L) 1Lの値段
アルピナウォーター:12Lボトル 83円
アルピナウォーター:18.9Lボトル 82円
コスモウォーター
(15日間隔の定期配送の場合):12Lボトル
99円
アクアクララ:12Lボトル 105円
クリクラ:12Lボトル 105円
ハワイウォーター:18.9Lボトル 117円
コスモウォーター
(20日間隔の定期配送の場合):12Lボトル
103円

RO水で一番安い値段で利用できるのは、アルピナウォーターの1Lあたり82円です。

RO水で一番不安になるのは「原水が水道水」という問題ですが、アルピナウォーターは「北アルプスの天然水」を原水として、逆浸透膜で濾過しているために、採水地や水源の心配は一切ありません。

RO膜で濾過した後は、人工的なミネラルを添加するなどの加工は一切行っていないため、硬度は1.05という全ウォーターサーバー中No.1の軟水となっており、赤ちゃんの粉ミルクの調乳や妊婦の方でも安心して利用できます。

オフィスや大家族など、水を大量にしようするご家庭にも、1L82円から利用できるアルピナウォーターがおすすめです。

女性や高齢者でもRO水の交換が簡単な小さなボトルで値段を比較

ウォーターサーバー業者:ボトル(L) 1Lの値段
アクアクララ:8Lボトル 131円
クリクラ:6Lボトル 140円

RO水で女性でも利用できるRO水には、アクアクララの8Lボトルがあります。

12Lボトルと比較すると、1Lあたり26円の差がでます(12Lボトルの場合は1L105円)が、夫の仕事の帰りが遅いご家庭や、夫が単身赴任に行って家にはいない、等の場合は重いボトルを取り付けることは非常に辛い作業とも言えます。

軽量ボトルなら、女性でも簡単に設置することができますので、是非軽量ボトルの利用もご検討ください。

アクアクララ・クリクラのRO水はアルピナウォーターやハワイウォーターとは異なり、逆浸透膜で不純物を濾過した後に、人工的にミネラルを添加して適度な成分の調整を行っています。

アクアクララの硬度は29.7、クリクラの硬度は30と、赤ちゃんが飲んでも問題はない硬度となっています。





TOPへ戻る