ウォーターサーバーの天然水の溶存酸素量を比較

takuhai-mizu_42
天然水の溶存酸素量を比較しています。 溶存酸素量とは、殺菌処理過程を終えた水の中にどれだけ酸素が残っているか(mg/L)を表しています。 溶存酸素量を明記しているウォーターサーバー業者は少ないですが、水の殺菌方法に非加熱殺菌処理を用いている天然水には若干の酸素が含まれている場合があります。 溶存酸素は含有量が多いほどおいしい水であると言われていますが、公開していない業者も多いので、溶存酸素量で水のおいしさを比較する、ということは難しいでしょう。 当コンテンツでは、バナジウム天然水を取扱っているフレシャスとクリティアの溶存酸素量を比較しています。
  1. >溶存酸素量の含有量を比較

溶存酸素量の含有量を比較

ウォーターサーバー業者 溶存酸素量(mg/L)
フレシャス:7Lパック
(バナジウム天然水)
9.4mg/L
フレシャス:4.5Lパック
(バナジウム天然水)
9.4mg/L
クリティア:12Lボトル
(バナジウム天然水)
8.2mg/L
クリティア:6Lボトル158
(バナジウム天然水)
8.2mg/L
フレシャスもクリティアも、どちらもバナジウム天然水となっています。 溶存酸素量はフレシャスの方が高いですが、バナジウム含有量ではフレシャスが85μg/L、クリティアが91μg/Lとなっています。 水の値段では、フレシャスが1Lあたり157円、クリティアが1Lあたり149円となっていますが、フレシャスにはサーバーにエコモードが搭載されており、月々1000円程度かかる電気代が700円程度で利用可能となっています。 水の消費量が多い方には水の値段が安いクリティア、一人暮らし・二人暮らしで水をあまり使わない予定の方にはフレシャスがおすすめですよ。

おすすめはフレシャス

溶存酸素をもっとも多く含んでいるのは、フレシャスのバナジウム天然水です。 フレシャスの水は、「水のボトルが重くて、女性では容易に交換できない」という声を活かし、「7Lパック」を採用しており、一人暮らしの女性や高齢者の方、残業や単身赴任で夫がいないというご家庭でも、簡単に水の交換が可能となっています。 サーバーの設計には、インテリアスタイリストがデザインに携わっており、非常におしゃれなデザインになっています。 また、冷水専用サーバー「carrio」の4.5Lパックは電気代が冷水にしかかからないため非常に安く、サーバーも軽くて小さいので移動しやすく、いろんな場所(寝室やキッチン、勉強机など)で試しながら利用できますよ。

フレシャス

※天然水2種類

2016年7月31日(日)まで:当サイトから申し込むと、他社サーバーからの乗換で解約金全額キャッシュバック

2016年7月31日(日)まで:当サイトから申し込むとオリジナルクリアボトルを全員プレゼント&抽選で4000円相当のグルメカタログをプレゼント!

2016年オリコン日本顧客満足度ランキング1位を受賞!! デザイナー安積伸、監修、グッドデザイン賞受賞。生活におしゃれを求める方はフレシャスがおすすめ。

種類バナジウム天然水
デザインスカイグレー メタリックブラック ミルキーベージュ ナチュラルピンク ペールブルー
コスパ171円/1日あたり
月額5,150円/28L
解約9,000円/2年未満
水代75円/500ml
レンタル500円/月
電気代330円/月
公式サイトへ進む 詳しい情報を確認

水の料金で比較するならクリティアがおすすめ

クリティアは溶存酸素量ではフレシャスに劣りますが、水の1Lあたりの料金では149円と安くなっています(フレシャスは1Lあたり159円)。 年間のランニングコストで計算する際には、水の使用量によってフレシャスとクリティアのどちらが安くなるのかは水の使用量によって若干の差が生まれるでしょう。 サーバーレンタル料・サーバーメンテナンス料・送料などは、フレシャスもクリティアもどちらも無料となっています。

クリティア

※天然水3種類

2016年9月30日(金)まで:当サイトからご友人にクリティアをご紹介いただいた方には、ギフトカード4000円分をプレゼント!更に、ご契約者にはギフトカード2000円分と、12Lボトルを2本(4,000円相当)全員にプレゼント

バナジウムたっぷり、初回ボトル2本プレゼントが嬉しいお得な天然水サーバー。

種類バナジウム天然水
デザインホワイト ブラック シルキーゴールド
コスパ133円/1日あたり
月額4,004円/24L
解約12,500円/2年未満
水代73円/500ml
レンタル無料
電気代504円/月
公式サイトへ進む 詳しい情報を確認




TOPへ戻る