水ダイエットの方法なら水道水より断然ウォーターサーバーがおすすめ

takuhai-mizu_69

水ダイエットの方法は簡単で、いつでも気軽に、お金をかけずに始める事ができます。

というのも、水ダイエットとは、「生活習慣を正すこと」と言っても過言ではないのです。

美人な女性や女優ほど、バッグにミネラルウォーターや天然水を持っている事が多いと思う事はありませんか。

天然水は、ダイエットにも、また美容にも非常に効果的です。

水ダイエットが良いと言われるには3つの理由があります。

  1. 代謝が良くなり、脂肪が燃焼しやすくなる
  2. デトックス効果によって、老廃物が身体から排出される
  3. 腸や血液がきれいになり、結果的に美容・美肌や、アンチエイジングにも有効

冷え性やむくみにも有効と言われていますし、リバウンドにもなり辛く、また「毎日飲む水」ですから、「続けやすさ・始めやすい手軽さ」も人気の理由一つです。

しかし、飲み過ぎや断食などの我流や間違った方法の「水ダイエット」は、いわゆる水中毒になってしまうことがあります。

正しい水ダイエットの方法と、水道水よりも天然水の方が水ダイエットに適している理由について見ていきましょう。

水を飲む量

人間は一日に2.5Lの水分を消費し、また摂取する必要があります。

しかし、2.5Lの水を飲む必要はありません。

それは、私たちは「朝昼晩の食事に含まれる水分によって1L程度の水分」、また「体内で食物を分解したときに発生するエネルギーから代謝水と呼ばれる水分が300ml程度」得られるためです。

したがって、

2.5L(一日に必要な水分)=1L(食事)+300ml(代謝水)+1.2L(意識的に摂取する水)

毎日1.2L程度の水を意識的に飲めば良いのです。

仮に水ダイエットをするのであれば、小食の満腹感を満たすために、「コップ1-2杯程度の水分の増加」を加味して、1.5L程度飲むと効果的でしょう。

もちろんご飯を食べない・朝晩の2食にするなどの食生活の乱れはダイエットには論外ですのでやめましょう。

リバウンドや、健康を損なう危険性が高まりますし、無理なく続けられる食生活を維持する事も、水ダイエットの一部です。

水を飲み過ぎない

水をこまめに摂る、というのは水ダイエットに置ける鉄則です。

夜になって突然、「今日はそういえば300mlしか飲んでない。寝る前に1.2L飲んでおこう!」「今日は3L飲もう!」などという考え方はやめて、そういう日は翌朝からこまめに摂るようにしてください。

水を過剰に飲むことは危険です。

水を一度に飲み過ぎると、腎臓機能に負担が大きくかかる事はもちろん、利尿が間に合わず、体内の水分量が過剰になり低ナトリウム血症(水中毒)に罹患してしまいます。

低ナトリウム血症(水中毒)になると、

  • 疲労を感じやすくなる
  • 頭痛や嘔吐
  • 精神錯乱
  • 呼吸困難

など、重度の水中毒(水をあまりにも飲み過ぎた場合)には、生命の危険にさらされる事がありますので、「こつこつと飲むことが大切」ということを忘れないようにしてください。

水を飲むタイミング

水を飲むタイミングは、「水分を失うタイミング」と考えると覚えやすいと思います。

  1. 起床した時
  2. 朝食の時
  3. 出社する時(登校する時)
  4. 昼食の時
  5. 帰宅した時
  6. 夕食の時
  7. 入浴した後
  8. その他、スポーツなど汗をかいた時など

喉が渇く前に水を飲む事がポイントです。

水を飲む量は、それぞれのタイミングで「コップ一杯程度(150ml-250ml)」で十分です。

そもそも、こんなに水を飲むのはなぜ?と感じた方もいらっしゃるかも知れません。

しかし、2.5Lの水を飲むのなら、あなたは2.5Lの水を毎日消費しているのです。

具体的には、尿や便の排泄によって1.2L-1.5L程度消費します。

排泄に加えて、「不感蒸泄」と呼ばれる、目に見えないところで皮膚から水分が汗として蒸発している水分(600ml程度)や、呼気(息。冬に見える白い息など)によって消費されている水分(300ml程度)があります。

私たちは、絶えず水分を消費していますから、水を「こまめに」摂取する事・習慣づけることが大切です。

「習慣が人生を変える」という言葉があるように、毎日の生活が私たちの身体を作っていきます。

「一度にたくさんの水分を摂ろう」などと甘い考えをせず、食生活から見直していく事を意識してみずダイエットに取り組みましょう。

水の温度

飲む水の温度は、私たちの味覚に影響する事はもちろん、体内に摂取される早さにも影響します。

冷水:
吸収は早いが胃腸に負担がかかりやすい
温水:
吸収は遅いが胃腸に負担がかかりにくい

可能であれば、常温が吸収の早さ・胃への負担のバランスから見て水ダイエットには向いています。

しかし、スポーツ中であれば冷えた水が適していますし、夏場には冷たい水を飲みたい時もありますから、温度に関しては余り神経質にならなくても良いでしょう、続ける事が大切です。可能であれば、常温が望ましいです。

ただし、赤ちゃんや小さな子供を含めて下痢などお腹を下してしまったときなどは、冷たい水の飲み過ぎが一つの原因になる可能性もありますので、そういったときは温水や常温水を適宜飲むと良いでしょう。

水によるむくみ

水を飲んで浮腫んで(むくんで)しまった、逆に太ったという経験をしたことがある方はいらっしゃるのではないしょうか。

体質の可能性はあるかもしれませんが、基本的に水を摂らないダイエットはおすすめできません。

また、水を摂取しない事によって減量するダイエットは、ボクサーが体重測定の前に行う「水抜き」のようなもので、健康診断や体重測定などといった「短期的な減量が必要な場合のみ」効果的であると言えます。

しかし、健康的に、長期的に続けて減量したい・ダイエットしたいのであれば、水ダイエットであれ何であれ水を摂取する事は止めない方が良いでしょう。

成人にとって体内の60%は水分であると言われていますが、体内の水分の減少は、以下のようなリスクを伴うと言われています。

2%減少(1L程度):
口や喉の乾き・食欲不振を感じる
6%減少(3L程度):
頭痛、眠気、脱力感に襲われる
10%減少(5L程度):
筋肉の痙攣、循環不全、腎不全を起こす
20%減少(10L程度):
死亡

実際に、水抜きをしたボクサーも、体重測定が終われば体重を元に戻します(水を飲みます)。

むくみの原因

水を飲むと浮腫んで(むくんで)しまうのは、生活習慣によるところが大きいでしょう。

むくみの原因は、主に

  • 過度なストレスなどにより腎臓の排泄機能の低下
  • 腎臓機能が低下する就寝直前に水分を摂り過ぎている
  • むくみの原因である塩分の摂り過ぎ

であって、水を飲んでしまった事ではありません。

一時的に水を飲んでむくんでしまう事はあっても、水はカロリーが0ですから体脂肪率があがることはありませんし、むしろ代謝がよくなり今後のダイエット効果が見込めるはずです。

まずは、日頃の食生活の見直しから始めましょう。

水道水よりも天然水

水ダイエットをこれから始める方、もしくは現在行っている方で水道水を使っている方も、水ダイエットは天然水で行うことをおすすめします。

天然水には、バナジウム(糖尿病予防)や亜鉛(美肌や味覚障害防止)、カリウムやマグネシウムなど体内では生成できないミネラル分を摂取できることはもちろん、美肌効果や肌荒れの予防にもなります。

適度にミネラル分の含まれた「軟水に近い硬水」の天然水(マグネシウムとカルシウムの二つのミネラル含有量が高い水)をダイエットに使う事によって、便秘の解消に繋がる事もあります。

硬度0-100が軟水とされていますが、それ以上の硬水は個人差によって飲みづらいと感じる事もあります。

水ダイエットには、コスモウォーターの金城の華(硬度83)の天然水がおすすめです。

また、天然水には塩素消毒がなく残留塩素もありませんから、「カルキ臭い」「苦い」といった味の心配はありませんし、「トリハロメタン」などの発ガン性の放射性物質の心配も要りません。

水ダイエットで、美肌を同時に手に入れましょう。





TOPへ戻る