ウォーターサーバー・水道水・浄水器のメリットとデメリットを比較

takuhai-mizu_68

水道水と浄水器、天然水のそれぞれの安全性や水のおいしさ、1Lあたりの水の値段などの「メリットとデメリット」を比較します。

震災を経て、水に求めるものは「おいしさ」から「安全性」へと大きく変化しました。

しかし、水道水が安全なのか、浄水器はどれをつければ良いのか、天然水は高そうなど、どれも一長一短のように見えます。

水道水、浄水器、天然水についてそれぞれの特徴を比較して見ていきましょう。

水道水とは

水道水のメリットとデメリットには、以下のような特徴が挙げられます。

メリット:
  • 水道代だけなので安価
  • 塩素処理による殺菌で、細菌が繁殖しにくい
デメリット:
  • 残留塩素の影響でおいしくはない、カルキ臭いと感じることがある
  • 塩素が不純物と化学反応し、トリハロメタンなどの発がん性物質を含む危険性がある
  • 塩素が野菜などに含まれるビタミンを破壊してしまう
水道水の良さは、「手軽さ」にあります。

水道水を飲む事が出来る背景には、日本の優れた上下水道の処理設備があり、水道水の普及率は97.5%にまで及ぶと言います。

しかし、実際に水が「飲める」「飲めない」ということと、「おいしい」「まずい」と感じる事は別です。

少なからずの人が水道水に対して不安を抱いているように、水道水にはどうしても塩素処理による「残留塩素」が不安要素としてあります。

残留塩素

水道水における残留塩素の含有量は、「0.1mg/L以上」と言われています(「以上」と記述されるのは、地域によっては水の汚染が酷く、雑菌処理に多くの塩素を使用するケースが存在するためです)。

水道水は、残留塩素に含まれる「次亜塩素酸」と呼ばれる成分によって細菌の繁殖を防ぎ、飲み水としても問題なく飲む事が出来るようになっています。

しかし、多量の「次亜塩素酸」は、水中の不純物と反応し、発がん性物質である「トリハロメタン」を生み出してしまう可能性があります。

また、残留塩素こそが水道水が「カルキ臭い」「おいしくない」と言われる原因であり、アトピーや肌荒れの原因でもあると言われています。

浄水器とは

浄水器の特徴は、水道水の問題であった「残留塩素」を取り除くことが出来る点にあります。

メリット:
  • 水道水を純水に変えることが出来るので、初期費用と定期メンテナンス以外は費用がかからない
  • 水道水の難点である「残留塩素」を取り除くため、まずい・臭いといった問題は改善される
デメリット:
  • メンテナンスを怠ると、汚れたフィルター・カートリッジを通過した汚染水を飲んでしまうことがある
  • 安価な浄水器は不純物の濾過率が低く危険だが、逆浸透膜機能など高性能のフィルターは高価であり、当たり外れがある
  • 塩素などの不純物を含まない純水であるため、長期保存は細菌の繁殖の危険性があり適さない

浄水器を用いて水の不純物を取り除いた水を、「純水」と呼びます。

浄水器を利用した水道水は、特殊な膜(フィルターやカートリッジ)を通過し、残留塩素を始めとした様々な不純物を取り除いた「純水」となります。

もちろん、水道水のデメリットとされた「カルキ臭さ」や、「まずい・苦い」といった問題は解決されますが、問題点もいくつかあります。

浄水器のデメリット

浄水器のデメリットとして挙げられる問題点は、第一に、「残留塩素が除去される」ということです。

「えっ?」と思った方もいらっしゃるかと思いますが、浄水器によって得られる「純水」も、元は水道水です。

ですから、残留塩素によって「空気中の雑菌から守られていた水道水」とは異なり、純水は長期保存に適しません。

これはスーパーで無料で配布されている水にも同じ事が言えますが、逆浸透膜・中空糸膜などを通過した水は、残留塩素など不純物が一切含まれない「純水」ですので、細菌が繁殖する前に、早めに消費することが推奨されます。

第二に、浄水器(フィルターや膜・カートリッジ)のこまめな手入れが必要という事ということです。

浄水器は、水道水を特殊なフィルターを通過させる事によって、水道水から不純物を除去します。

しかし、フィルターが不純物を除去する度に、フィルターは汚れていきます。

フィルターが汚れたまま水道水を通過させれば、塩素の除去ができないことはもちろん、「滞留した不純物を通過させた水道水」をそのまま飲む事になりかねません。

逆浸透膜のような不純物の除去率が高い、高性能な浄水器ほど、フィルターのメンテナンスは重要になってきます。

第三に、浄水器には当たり外れがあるということも覚悟しておきましょう。

1万円程度の安価な浄水器に迂闊に手を出すのも危険ですが、5万円・10万円台の高価な浄水器を本当に購入するのか・効果がどれほど望めるのか、手入れはしっかりできるかどうかというのはあなたの裁量次第のところがありますし、そもそも信頼できるメーカーかどうかも見極めが難しいでしょう。

浄水器の種類

浄水器にも様々な種類があり、「蛇口直結型」や「据え置き型(ホース取り付け型)」、「水栓一体型」、「アンダーシンク型(ビルトイン型)」、「ポット型(ピッチャー型)」などがあります。

蛇口直結型:
蛇口の先端に直接とりつけるタイプの浄水器です。価格帯も安いですが、不純物の除去率はメーカーによって大きくばらつき、またカートリッジの交換頻度は高いのでまめな交換が必要になります。
据え置き型(ホース取り付け型):
ホースを蛇口や水道管につなぐ浄水器です。除去率は高いですが、値段も3万-5万円程度に始まり、高価な物は際限がありません。大型のものが多いため、シンクには相応のスペースが必要になります。
水栓一体型:
水栓にカートリッジを内蔵するため、見た目は非常にすっきりした浄水器です。工事が必要になるため、取り付けには工事の資格者が必要になります。
アンダーシンク型(ビルトイン型):
シンクの下に大きめの浄水器を置くタイプです。不純物の除去率も高く、一度に濾過する量も多いので大家族でも浄水が間に合わないということはありませんが、水栓一体型と同様に業者・資格者による工事が必要になります。
ポット型(ピッチャー型):
持ち運びが可能な事が特徴の浄水器です。コンパクトで値段もリーズナブルな事から手軽に始める事が可能です。しかし、コンパクトゆえに少量ずつしか濾過できないのが欠点です。

頻繁なカートリッジの交換、専門の業者・資格者による工事など、思わぬところで手間やコストがかかる浄水器ですが、日本における浄水器の普及率は約40%とも言われ(一般社団法人:浄水器協会調べ)、水の安全性への関心は高まるばかりです。

天然水の宅配とは

水道水・浄水器と見てきましたが、一番のおすすめは天然水を自宅へ宅配してくれるウォーターサーバーを利用する事です。

天然水は特定の地下水を原水とすることで塩素処理の必要がなく安全性が高いことや、天然のミネラルが豊富に含まれる事はもちろんですが、水を自宅まで運んでくれるので女性や高齢者、妊婦の方にもぜひおすすめです。

メリット:
  • 塩素処理の必要がない特定の地下水を原水としているため、安全でおいしい
  • 体内で生成できないミネラル分を補助的に摂取する事ができる
  • 温水と冷水をいつでも飲める
デメリット:
  • 水道水よりもコストがかかる(1Lあたりの水の料金と電気代)
  • 定期的に水を補充する手間がかかる

ミネラルウォーターと天然水は同義であると誤解されがちですが、正確には異なります。

ミネラルウォーターとは、「天然水に対して人工的にミネラル分を添加した水」を指すのであって、正確には「天然水=ナチュラルミネラルウォーター」を意味します。

天然水(ナチュラルミネラルウォーター)は、特定の地下水を原水(例えば富士山の地下水など)とした、ミネラル分の添加などの加工をしない水を指します。

したがって、塩素による殺菌もありませんから残留塩素による心配もありませんし、熱殺菌も行いませんので、味の品質も損なう事はありません。

天然水宅配のデメリット

水道水と比較してのデメリットと言えば、「水を毎月注文する必要があること」、「1Lあたりの水のコストが水道代よりも高い」ということでしょう。

しかし、水の注文は電話・インターネットで簡単にできますし、コストに関して言えばそもそも水の質が違うこと(水道水と天然水)・宅配料金を加味すれば決して高い物ではないでしょう。

また、天然水には硬度が比較的高いもの(80-100程度の硬水に近い軟水)もあります。 硬度が高めの天然水は、成人のように腎臓機能が発達している方には便秘改善や栄養分としておすすめできますが、赤ちゃんや生後まもない子供のように腎臓が未発達の場合にはミネラルを体内で消化しきれず下痢になる場合があるので、硬度が低いものを選ぶようにするのがポイントです。

また、ウォーターサーバーの天然水宅配を利用すれば、冷水・温水をいつでも自由に汲むことも可能です。(毎月のノルマの有無は、業者によって異なります。)

天然水のウォーターサーバーのメリット

上記で挙げてきたように、「残留塩素の心配がない」、「自宅まで重い水を届けてくれる」、「ミネラル分を豊富に摂取できる」といった点は、天然水の宅配を選ぶ大きなメリットと言えるでしょう。

水道水・浄水器と比較して中でも一番安全性が高いので、赤ちゃんのいる家庭や、妊婦にも天然水の宅配はぜひおすすめです。

天然水に含まれるミネラルの「バナジウム」には糖尿病予防の効果があったり、「亜鉛」には味覚障害を予防したり美肌効果があることも認められています。

アトピーや水ダイエットなどにも効果的で、生活習慣病の予防にもおすすめですよ。





TOPへ戻る